【最新版】子供の身長を予測する計算式

子供の身長がどのくらい伸びるのか予測したい方は多いかと思います。

 

そこで、ここでは、子供の身長を予測する計算式(最新版)を紹介したいと思います。

 

男の子のケース
(父親の身長+母親の身長+13)÷2

 

女の子のケース
(父親の身長+母親の身長-13)÷2

 

この計算式で、子供の身長を予測することが出来ます。

 

では、具体的に私のケースで計算してみようと思います。

 

私の父親の身長は170cm、母親の身長は155cmです。

 

(170cm+155cm+13)÷2=169cm

 

ちなみに私の身長は173cmですので、4cmの誤差があります。

 

子供の身長を予測する計算式では、誤差が約8cmあります。同じ両親の子供でも兄弟で身長は違いますよね。この誤差の1番の原因は栄養の差だと言われています。

 

この計算式では私の身長は169cmと出ていましたので、誤差の8cmを考えると、最大で177cmまで伸びる可能性があったといえます。

 

逆にいうと、−8cmで、161cmになる可能性もあったという事ですね。

 

子供の身長を伸ばすのに1番大切なこと

子供の身長を伸ばすには、「栄養・運動・睡眠」の3つが大事だと言われていますが、その中でも1番に大事なのが「栄養」です。

 

なぜかと言いますと、栄養が不足していれば、いくら運動をしようが、いくらい睡眠をタップリとろうが、そもそも栄養が足りないので、身長を伸ばすことが出来ないのです。

 

栄養をきちんと摂取して、はじめて「運動・睡眠」の効果が出てくるのですね。

 

なので、子供の身長を伸ばしたいのであれば、栄養が不足しないように気を付けなければいけません。

 

子供の身長を予測する計算式から考えること

両親の身長が低い場合、計算式で予測された身長は低いと思います。

 

でも、その身長から最大で+8cmは身長が伸びる可能性はありますので、子供がまだ小さいうちから栄養をシッカリ摂らせて、運動・睡眠も十分にとらせましょう。

 

・いつから栄養を気にした方が良いのか?
・何歳から子供用のサプリを飲ませた方が良いのか?

 

と、悩まれる親御さんも多いですが、早ければ早い方が断然いいです。

 

子供の成長は0歳〜18歳ぐらいまでです。
早い段階で、バランスの良い栄養を摂取していると、身長も最大限伸ばすことができます。

 

特にまだ小さいお子さんは好き嫌いも多いかと思いますので、子供用のサプリや成長飲料などで不足しがちな栄養を補ってあげると良いでしょう。

 

また運動をしているお子さんは、栄養の消費が激しいので、普通の子より多くの栄養が必要になります。

 

ビタミン・ミネラル・アミノ酸をバランスよく含む子供用サプリを飲ませてあげると良いかと思いますよ。