子供の身長に親の遺伝は関係ない理由とは?

子供の身長が低いのは遺伝のせい!と思っていませんか?

 

以前は子供の身長は、親の身長に比例すると言われていましたが、今は身長に対する研究も多くあり、「子供の身長は親からの遺伝だけでは決まらない」ことが分かりました。

 

ここでは、子供の身長と遺伝の関係性について説明していきたいと思います。

 

 

子供の身長に遺伝はどのくらい関係しているの?

以前は遺伝が子供の身長に与える影響は約80%ほどと言われていましたが、今は約25%と言われています。

 

確かに私たちの周りを見ても、「両親の身長は高いのに、子供の身長は低かったり」、「両親は低いのに、子供の背は高かったり」という例がありますよね。

 

俳優の阿部寛さんも身長が190cmありますけど、両親は160cmないようです。

 

親の身長が高くて、子供の身長も高いという例もありますが、実は子供の身長は遺伝以外の影響の方が大きいんですね。

 

つまり、遺伝以外の「睡眠・運動・栄養」の影響力が身長の伸びに大きく影響しているのです。

 

まとめ

両親の身長が低いからと言って、子供の身長も低くなると卑屈に思うことは一切ありません。

 

遺伝の影響はわずか25%程度ですので、正しい情報で努力すれば、身長を伸ばすことは全然可能ですよ。

 

【最新版】子供の身長を予測する計算式とは?