子供の身長を伸ばす方法!プロが教える後悔しないサプリの選び方

子供の身長を伸ばす方法として、身長サプリを飲ませることを考えている親御さんも多いのではないでしょうか?
ですが、実際に身長サプリの購入を検討した時に、

 

・本当にサプリで身長は伸びるの?
・どのサプリメントを選べばいいの?

 

と身長サプリへの不安もあるかと思います。

 

ここでは、米国ISNF認定サプリメントアドバイザーの私が、

 

・なぜ身長サプリを飲んだほうが良いのか?
・効果が期待できる身長サプリの選び方

 

を紹介したいと思います。
子供の身長で悩んでいる親御さんへ、ぜひ参考にして頂けたら幸いです。

 

 

まずは身長が伸びる4つの要因を勉強しよう

 

身長が伸びる要因として、4つに分類することが出来ます。

 

・遺伝
・睡眠
・運動
・食事

 

遺伝について説明すると、やっぱり身長の高い親から生まれた子供は身長高いですよね。

 

ですが、子供の身長は、親からの遺伝だけでは決まりません。
(2017年の現在、親からの遺伝の影響は約25%と言われています。)

 

たとえば、バレー選手や格闘技をされているスポーツ選手は、両親よりも身長が高くなったケースが非常に多いです。
「両親は身長低いのに、子供は背が高い」

 

逆に、
「両親の身長は高いのに、子供の身長は低い」

 

こういったパターンもあなたの周りを見渡すとあるのではないでしょうか?

 

ですので、身長が伸びる原因の一つと言われている遺伝ですが、遺伝で必ずしも身長が決まるというわけではないのです。

 

次は睡眠と運動です。

 

睡眠が大事なのは、寝ている間に最も成長ホルモンが分泌されるのです。
運動も同じように、運動することで成長ホルモンの分泌が活発になります。

 

これらは医学的にも実証されていますので、身長を伸ばすのに「睡眠」と「運動」は大事になります。

 

 

ですが、何より大事なのは「栄養」になるのですね。
こちらの図を見てください。

 

 

この図から分かることは、子供の平均身長は、100年の間に男の子も女の子も10cm以上平均身長が伸びているのです。

 

 

ここで先ほどの身長を伸ばすための4つの要因をみていきましょう。

 

「遺伝」は関係ないですよね。
たった100年の間に突然変異するわけではありません。

 

「睡眠」は昔に比べてあきらかに睡眠時間が減っています。
共働きの家庭が増えて、夕ご飯の時間が遅くなったり、テレビの時間が増えたりしていますからね。当然のことでしょう。

 

「運動」も昔に比べて確実減っています。
昔は今みたいにゲームも無かったので、みんな外で元気に走り回っていました。

 

結局のところ、栄養が1番大事なんです

 

つまり、100年前と比較して、子供たちの身長が伸びた原因は栄養しか考えられないんです。

 

特に戦後、食事の欧米化が進んだことで、牛肉や豚肉などのたんぱく質や牛乳やチーズなどの乳製品もを多く食べるようになりました。

 

このように食生活が変わることで、わずか100年の間に日本人の平均身長は10cm以上伸びたんですね。

 

昔の日本人は、小魚をおかずに少量の穀物と汁物を主に食べていました。
和食が健康ブームになっていますが、子供には(特に成長期)しっかり栄養を摂らないと身長は伸びないんです。

 

 

ということで何度も言いますが、身長を伸ばすには「栄養」が1番大事なんです。

 

ただここで問題があるんですよ。

 

身長を伸ばすのに栄養が大事なのは分かったけど、実際に「どの栄養が大事なのか?」「自分の子供は栄養が足りているのか?」とても気になるところでしょう。

 

 

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養とは?

身長を伸ばすのに必要な栄養は?と聞くと、カルシウムとか鉄分とか、最近ではアルギニンと答える人が多いですね。

 

確かにこれらの栄養素は大事なんですけど、まず考えなければいけないのは、「バランスよく栄養を摂取すること」なんです。

 

別の良い方をしますと、「身長を伸ばすために必要な栄養素を不足させないこと」です。

 

よく、

 

「アルギニンが身長を伸ばすのに良い!」
「○○という栄養をとれば身長は伸びます!」

 

とサプリメントの紹介するHPやブログを見ますけど、どれも正しくないんですね。

 

 

 

子供の身長を伸ばすには、ビタミン・ミネラルを含む50種類以上の栄養素をバランスよく摂取することが非常に大事なんです。

 

というのも、これらの栄養素は体内でお互いに協力し合って働いているんですね。
いくら「アルギニン」や「カルシウム」だけを多く摂取しても、他の栄養素が不足していれば全く意味がないのです。

 

 

今の子供たちの食生活を見ていると、食べ物の好き嫌いの多い子が非常に多いです。

 

野菜をあまり食べない子供もいますよね。

 

野菜を食べる子供でも、今の野菜は昔に比べて栄養素が減ってきました。

 

<1963年の栄養素含有率を100%とした場合の2000年の含有率>

 

・ブロッコリーに含まれるカルシウムとカロチンの量
100%→約50%

 

・キャベツの葉に含まれるビタミンAの量
100%→58%

 

・ピーマンに含まれるビタミンCの量
100%→69%

 

・リンゴに含まれるベータカロチンの量
100%→58%

 

・生のパイナップル100gに含まれるカルシウムの量
100%→41%

 

・カリフラワーに含まれるビタミンB1、B2、Cの含有量
100%→50%

 

ですので、いくら野菜をしっかり食べていても、野菜自体の栄養素が減ってきていますので、どうしても栄養が不足しまいがちなんです。

 

 

だから、子供に身長サプリを飲ませよう

ちょっと長くなりましたが、まとめると、

 

・子供の身長を伸ばすには「栄養」が1番大事!
・50種類以上の栄養素をバランスよくとるのが大事!
・でも、好き嫌いの多い子供がいたり、野菜自体の栄養も減っているのでサプリを飲ませよう!

 

ということになるんですね。

 

ただ、やっぱり素人の方からすれば、どの身長サプリを選べばいいのかよく分からないのが現実的な問題だと思います。

 

・栄養のバランスが悪い
・栄養素の含有量が少ない
・添加物が多く含まれている

 

このようなサプリも意外と多くありますし、間違ったサプリメントを飲んでいると、ほとんどと言っていいほど効果がありません。

 

身長が伸びる時期は限られていますので、成長期にしっかり栄養を摂る必要があります。

 

つぎは、米国ISNF認定サプリメントアドバイザーの私が、本当に効果を期待できるサプリメントをランキング形式で紹介したいと思います。

 

カラダアルファ

 

カラダアルファを1位にした理由は、子供に必要な栄養素が、これでもかっというぐらいバランスよく配合されています。

 

しかも、よくある合成の栄養ではなく、天然栄養素を使っているのも嬉しいですよね。

 

サプリメントの選び方で大事なのは、子供の身長を伸ばすために必要な栄養素を不足させないことです。

 

例えば、ビタミン群で言いますと、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンB12・葉酸を指すのですが、これらの栄養素はどれか1つでも欠けてしまうと、連鎖的に働きがストップしてしまいます。

 

つまりいくら摂取しても、どれか1つでも欠けていれば、尿として体の外に出されてしまうんですね。

 

カラダアルファには、50種類以上の必要な栄養素が全てバランスよく配合されています。

 

ビタミン・ミネラル以外にも成長ホルモンの分泌を強力にサポートしてくれるアルギニンやメチオニン、シスチンなどのアミノ酸も豊富に含まれています。

 

ですので、栄養が不足してしまうことはありません。

 

そしてカラダアルファは吸収率にもこだわっていて、その吸収率は95%になります。
通常のサプリメントの吸収率は30〜65%程度なので、いかにこの吸収率が高いのかが分かるかと思います。

 

さまざまな身長サプリがある中で、これだけの総合的な栄養素と品質の高さは間違いなくNO1でしょうね。

 

サプリメントの効果を実感するには最低でも3ヶ月は必要なので、とりあえず3ヶ月だけでも試してみる価値はありますよ。

 

カラダアルファの詳細はこちらから>>

 

 

アスミール


 

アスミールもビタミン・ミネラルなどを多く含むバランスタイプのサプリなのですが、カラダアルファと比べると「バランス」「栄養素の種類」で負けてしまいます。

 

ただ、牛乳に溶かして飲むタイプ(ココア味)ですので、小学1年生など小さいお子さんでも飲みやすいサプリです。

 

小学校低学年までのお子さんにはアスミールを飲ませると良いかもしれません。
金額的にもカラダアルファよりは安いです。

 

ですが、中学生や高校生になると、アスミールでは栄養素の含有量が低いので、カラダアルファに変更されると良いかと思いますよ。

 

アスミールの詳細はこちらから>>

 

 

アルギニンを含むサプリは効果なし?実際どうなの?

最近では身長を伸ばす方法として、「アルギニンを多く含むサプリメントを飲みましょう」と謳っているHPをよく見かけます。

 

アルギニンは本当に効果があるのか、サプリのプロとして本音で答えていこうと思います。

 

そもそも、なぜアルギニンが身長を伸ばす効果があるといわれているかと言いますと、成長ホルモンの分泌を刺激する薬として使われているからです。

 

ですが、この方法は、体重30kgの子供に対し、15gのアルギニンを直接血液に投与するのです。しかも30分おきに15g投与し続けます。

 

アルギニンを含むサプリメントは、大体2g〜5gしか含まれていませんし、口から飲むものです。

 

アルギニンのサプリは、そもそもの含有量が少なすぎますし、口から飲んだ場合全て吸収されるわけでもありません。
いくらアルギニンが身長を伸ばす効果があるといっても、サプリだけでは少なすぎるのです。

 

それに、アルギニンのサプリで身長が伸びたということは医学的にも学問的にも実証されていないのです。

 

また、アルギニンだけを多く摂取しても効果は薄いです。

 

アルギニンはアミノ酸の一種なんですが、アミノ酸もバランスよく摂取すること大事なんですね。

 

バランスよく摂取しないことには、体内で上手く働きませんから。。(本当に大事なことです

 

 

アルギニンは体内で合成させればいい

アルギニンなのですが、実は体内で合成させることが出来るのです。

 

そして体内でしっかり合成させるのに、何度も言うようにバランスの良い栄養が必要になるのですね。

 

栄養のバランスが悪いと、アルギニンの合成がしっかりできず、成長ホルモンの分泌を悪くなってしまいます。

 

身長を伸ばすには、とにかく栄養のバランスが1番大事ですので、身長サプリを飲むならカラダアルファを飲まれるとまず間違いないでしょう。

 

カラダアルファの詳細はこちらから>>

 

身長を伸ばすのに必要な栄養素の一覧

カルシウム

昔から身長を伸ばすには「カルシウム」が大事!と言われていますよね。

 

そのため、身長を伸ばすために毎日牛乳を飲まれていた方も多いかと思います。

 

ただ、カルシウムだけを積極的に摂取しても、「身長を伸ばす効果」はあまり期待できないんですね。

 

カルシウムは骨を強くするのに必要な栄養素で、身長を伸ばすとなるとまた別問題なんですよ。

 

だからと言って、カルシウムが入らないというわけではありませんので、勘違いしないでくださいね。

 

子供の成長にはカルシウムは凄く大事です。

 

カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品によく含まれていますので、子供のうちは積極的にとると良いですよ。

 

たんぱく質

たんぱく質は3大栄養素の1つで、骨や筋肉、内臓や皮膚、血液、髪などを作る材料として非常に重要です。

 

特に子供は毎日身体が成長していっているわけですから、たんぱく質が不足しないように注意しましょう。

 

また、たんぱく質には、植物性と動物性の2種類があります。

 

ですので、お肉、魚などだけではなく、乳製品や大豆などもバランスよく摂取することが望ましいです。

 

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムを吸収するのに必要な栄養素なんですね。

 

ビタミンDは食事から摂取することが出来ますが、日光を浴びることで体内で生成することが出来ます。

 

家の中で過ごすと、ビタミンDは生成が十分にできないため、なるべく外遊びをするとビタミンDが十分に生成されますので不足することは無くなるかと思います。

 

マグネシウム

マグネシウムもカルシウムと同様に骨や歯を形成するのに必要な栄養素です。

 

またカルシウムと一緒に摂取することで相乗効果が得られますので、是非一緒に摂取してください。

 

マグネシウムが多く含まれる食べ物としては、納豆やアーモンド、ワカメ、イクラなどがあります。

 

亜鉛

亜鉛は、たんぱく質の合成を促進する働きや成長ホルモンの分泌を活性化する働きがあります。

 

ですので、身長を伸ばしたい方には絶対に必要な栄養素の1つですね。

 

亜鉛を多く含む食べ物は、アーモンド、納豆、豚肉、緑茶などがあります。

 

その他のビタミンやミネラル

多くのビタミンやミネラルを一緒に摂取することで、上記で説明した栄養素は体内で最大限の働きをしてくれます。

 

逆にいうと、ビタミン・ミネラルが不足してしまうと最低限の働きしかしないのです。

 

どうしても身長を伸ばすための栄養素というと、カルシウム、マグネシウム、たんぱく質、亜鉛、ビタミンD、アルギニンなどの固有名詞が出てきますが、それらはビタミン・ミネラルを同時に摂取することで本来の働きができるのです。

 

ですので、何度も言っていますが、身長を伸ばすためには、バランスよく栄養を摂取することが何より大事です。

 

食事からバランスよく栄養を摂取するのが1番望ましいのですが、身長サプリで不足しがちな栄養を補助するのは間違いのない方法だと思いますよ。

 

 

身長が伸びるメカニズム※骨端線とは?

身長を伸ばす方法を知りたい方が多いかと思いますが、ここでは「なぜ身長が伸びるのか?」について説明していきたいと思います。

 

ズバリ答えから言いますと、骨と骨の継ぎ目にある骨端線(成長線)という部分が成長するから身長が伸びるんですね。

 

子供の骨には骨と骨の継ぎ目のところに骨端線という軟骨で作られた部分があるのです。

 

身長が伸びるという事は、この軟骨である骨端線が成長して骨が伸びることで結果的に身長が伸びるんですね。

 

ちなみにこの骨端線は、大人になると無くなってしまいます。

 

骨端線が無くなると元に戻ることは絶対にないので、骨端線がある内はまだ身長が伸びるという事です。

 

骨端線はレントゲンを撮ることで確認することが出来ます。

 

 

肥満児だと身長が伸びない!その理由とは!?

これは医学的にも分かっていることなのですが、肥満児だと身長の伸びが圧倒的に悪くなります。

 

あなたの周りでも、太った子供は中学生、高校生になっても意外と身長が伸びていなくないですか?

 

小学生の頃はそれほど身長の差は感じないというか、むしろ肥満児でも身長が高い方の子供も多いと思います。

 

でも、中学生ぐらいになると身長の伸びが遅く、今まで身長の低かった友達にどんどん抜かされるという事もよくあることなんですね。

 

なぜ肥満の子供は身長が伸びないのか?

実は肥満の子供の身長が伸びにくいのはきちんと理由があるのです。

 

成長ホルモンを分泌するのは脳なのですが、肥満児だと脂肪が多く横に大きいですので、脳が「身体が大きい=大人になった」と勘違いしてしまうんですね。

 

ですので、肥満の子供は普通の子供より成長期の期間が凄く短いんですよ。

 

逆にいえば、肥満を治せば成長期の期間が正常に戻りますので、高身長になる可能性はグッと強まります。

 

睡眠時間や栄養も大事ですが、肥満だと正常に身長が伸びませんので、まずお子さんが肥満の場合は、通常の体形にまで戻してあげることを優先しましょう。

 

子供に食事を減らしてのダイエットは禁止

ただ食事の量を減らしてダイエットするのは止めましょう。

 

食事の量が減ると、身長を伸ばすための栄養分も少なくなってしまいますので、これでは意味がないのです。

 

肥満児の子供の傾向として、お菓子やジュースの飲みすぎなどが考えられます。

 

お菓子やジュースを止めて、糖質の少ないチーズやゆで卵などをおやつ代わりにすると負担なくダイエットすることが出来ますよ。

 

あと、お米や麺類などを減らして、お肉やお魚を多く食べるようにすると、体重の減りも加速するかと思います。

 

身長を伸ばすのにたんぱく質は非常に大事な栄養素なので、特に成長期のお子さんは気を付けたほうが良いです。

 

ストレッチで身長が伸びる!身長を伸ばす良いストレッチとは?

これは身長が止まってしまった大人でも効果がある方法なのですが、正しくストレッチをすることで身長を伸ばすことが出来るんですね。

 

どういうことかと言いますと、猫背やO脚を治すことで身長が伸びるという理屈なんです。

 

身長が伸びますし、姿勢も良くなりますので、見た目もスタイリッシュになります。

 

ですので、大人も子供もストレッチをすることはとても大事ですよ。

 

O脚を治して身長を伸ばすストレッチ

まず正座をして、ゆっくり息を吐きながら後ろに倒れます。

 

床に背中を付けて、3分ほどキープしましょう。

 

太ももの上の筋肉が張っているのが分かるかと思います。

 

身体が固い方はちょっとしんどいかもしれませんが、無理のない体勢で少しづつやってみて下さいね。

 

つぎは、床に足を真っ直ぐ延ばした状態で座ってください。

 

胸を張って背筋をピンと伸ばした状態で、ゆっくりおへそを膝につけるように前屈します。

 

太ももの裏の筋肉が張っている感覚があればそこで3分ほどキープしてくださいね。

 

背中のストレッチで身長を伸ばす

両手と両膝を床に付けて四つん這いになってください。

 

そして背中を丸めたり、反ったりしてください。

 

イメージとしては猫が背伸びをしているような感じですね。

 

これをする事で猫背を解消することが出来るんですね。

 

股関節のストレッチで身長を伸ばす

身長を伸ばすのに1番効果があるのがこの股関節のストレッチです。

 

骨盤のゆがみが原因で身長が低くなっている方って結構多いんですよ。

 

整体に通って骨盤のゆがみを解消することで身長が1〜5cm伸びたという方もいますので、股関節のストレッチはかなり有効です。

 

やり方としては、両足を前後に開いてアキレスけんを伸ばすような恰好をしてください。

 

後ろの足の膝を床に付けて、体重を真下にかけながら股関節を前後に開きます。

 

前足の股関節の部分の筋肉が張るのが分かりましたら、20秒ほどキープしてください。

 

これを左右繰り返します。

 

股関節の筋肉は固くなりがちなので、一度でもなかなか改善されませんが、毎日ストレッチすることで股関節が柔らかくなり、効果もかなり期待できます。

 

ストレッチで隠れた身長を引き出そう。

今紹介したストレッチをする事で身長を1cm以上伸ばすことは十分可能です。

 

キツイ筋トレとは違いますので、毎日コツコツ行うことで確実に結果がともなってきますので、是非やってみて下さいね。